ダイエット中でもおやつが食べられる!太らない間食の仕方=ダイエット向けの商品を選ぶ

ダイエットというと食事制限と運動ですよね。
とくにつらいのが食事制限。
とにかく空腹感に悩まされる。

脳内会議の様子

お腹が減って死にそう。
食べたい。
なにか食べたい。
なんでもいいから食べたい。

なんで私はダイエットなんてしてるんだっけ?
もういいんじゃない?
ダイエットなんてどうでもいいんじゃない?
だっけお腹が減ってるんだモン。
今、お腹が減ってるんだもん!

そして、食欲のタガが外れ暴食へ。あとはリバウンド一直線。

ダイエットあるあるですねー。

無理な食事制限は逆効果

こんな葛藤が生まれるほどのキツい食事制限は、どのみち長続きしません。やめましょう。
人間の体は慣れるものです。
なので、徐々に食事制限をかけていって、体の慣れ具合をみながら進めるのが一番です。

おやつもOK

食事制限の初期段階では、体が慣れるまでの間おやつもOKです♪

ただーし!
おやつOKといっても、なんでもかんでも食べてよいってわけではありません。
そこは、賢く食べましょう。

ここでは、ダイエット中でもおやつが食べられる賢い間食の仕方を1つご紹介します。

ダイエット向けの商品を選ぶ

ケーキやポテチチップスなどの高カロリーの商品はいうまでもなくダイエット中のおやつには向きません。
コンビニやドラッグストアで、ダイエット中の人向けの低カロリーの商品が数多く揃っていますので、そのような商品を選びましょう。

例えば、ヨーグルト、高カカオチョコレート(70%以上)、グミ、ぐーぴたっ、ソイジョイ、おからだから、などなど。
探せばいくらでもあるでしょう。

意外なところでは「あたりめ」なんかも高たんぱく低カロリーでおやつ向け。ビールは0kcalのノンアルにしましょう。

ジュースの代わりに0kcalのコーラなども良いですね。

まとめ

ダイエットの敵「おやつ」も、ひも解いてみればそれほど忌み嫌う存在でもなさそうですね。
うまくコントロールすれば、ダイエット中でもおやつが食べられる!
そう考えたら、ダイエットもかなり気楽になるんじゃないでしょうか?

おやつとも賢く付き合って、ダイエットの空腹感を乗り切りましょう!(じ)