ダイエット中でもおやつが食べられる!太らない間食の仕方=3時のおやつ

ダイエットというと食事制限と運動ですよね。
とくにつらいのが食事制限。
とにかく空腹感に悩まされる。

脳内会議の様子

お腹が減って死にそう。
食べたい。
なにか食べたい。
なんでもいいから食べたい。

なんで私はダイエットなんてしてるんだっけ?
もういいんじゃない?
ダイエットなんてどうでもいいんじゃない?
だっけお腹が減ってるんだモン。
今、お腹が減ってるんだもん!

そして、食欲のタガが外れ暴食へ。あとはリバウンド一直線。

ダイエットあるあるですねー。

無理な食事制限は逆効果

こんな葛藤が生まれるほどのキツい食事制限は、どのみち長続きしません。やめましょう。
人間の体は慣れるものです。
なので、徐々に食事制限をかけていって、体の慣れ具合をみながら進めるのが一番です。

おやつもOK

食事制限の初期段階では、体が慣れるまでの間おやつもOKです♪

ただーし!
おやつOKといっても、なんでもかんでも食べてよいってわけではありません。
そこは、賢く食べましょう。

ここでは、ダイエット中でもおやつが食べられる賢い間食の仕方を1つご紹介します。

おやつは3時に食べる

「3時のおやつ」ってよく言いますよね。
この言葉にはちゃんと意味があったのです!

ちゃんと裏付けがあって、具体的にはたんぱく質の一つ「BMAL1」に関わります。
夜間には、脂肪を蓄積し分解を抑える作用が働きます。これは、体内時計を調節する時計遺伝子「BMAL1遺伝子」と「蛋白質」の活性化によるものです。
つまり、「夜に食べると効率的に脂肪として蓄積される」ということです。

そして、それを逆手に取り、BMAL1が活性化しない時間帯におやつを食べればよいという事になります。

そして、その時間帯こそが午後3時頃なのです。

科学的裏付けがされていたのですね、3時のおやつ。

あなたも今日から、おやつは3時限定としましょう!

まとめ

ダイエットの敵「おやつ」も、ひも解いてみればそれほど忌み嫌う存在でもなさそうですね。
うまくコントロールすれば、ダイエット中でもおやつが食べられる!
そう考えたら、ダイエットもかなり気楽になるんじゃないでしょうか?

おやつとも賢く付き合って、ダイエットの空腹感を乗り切りましょう!(じ)